• 会社概要
  • ホーム
  • マイアカウント
  • お問い合わせ
  • 代引き無料
  • 送料無料
トップ
季節のお手入れ
冬の寒風を乗り切った春のお肌 さくら
イメージ杉
花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーをお持ちの方は、この季節にお肌が不安定になりがち。「空気の乾燥が落ち着いて来たのに、なぜ?」
様々な生き物が活動を始める春には、汚れもたくさん飛び交います。黄砂や花粉に加えて、目に見えない微生物や雑菌も元気になり、春の風に舞い上がります。そんな環境の変化で、ヒリつきやムズムズ感といった不安定肌になる事があります。

入念な洗顔と水分補給が近道です
イメージ泡
この季節、外出すれば必ず『手と顔が汚い!』と考えて、手洗いと洗顔を入念にしましょう。洗顔が足りない肌は、余計なものが肌に残っているために水分の吸収が悪く、その後につける栄養分も入っていきにくくなります。汚れをしっかり落としてから、たっぷりと水分を入れていきます。

洗顔を適切に
イメージ実感
手のひらでクルクル、だいたい泡が回ったら終わりにしていませんか?
どこを洗っているのかを意識しながら、指先の感触に集中してみて下さい。特に、目のまわりや小鼻の下などは洗い残しをしている方が多いので、指を添わせるように、すみずみまで洗うよう心がけます。何気なく洗うよりも、確かに落ちたすっぴんの感じがするのがポイントです。逆に洗いすぎると、つっぱったり、ぎゅっと引き締まってしまうので要注意。ちょうど良い加減をお肌と相談しながら、自分の肌の王道を見つけましょう。
 ハーバルイオン スペシャライズ ケアソープはしっかり洗顔派のためのやさしい泡が魅力です。
 ハーバルイオン代表 青木 えみの「洗顔教室だより」もあわせてご覧下さい。

春に足りないものは水分
イメージ化粧水
冬に完成してしまった砂漠肌は、皮膚が厚くなりゴワゴワと硬くなっています。このようなお肌に水分を入れ込んでいくのは至難の技ですが、紫外線のダメージが本格化する前にリカバリーしておかないと、シミ・シワへまっしぐらです。水分を蓄えるちからが弱くなった肌のお手入れには、油分の多いパックなどよりも化粧水が最も大切です。

決め手はていねいに
イメージ実感
洗顔後はお肌が一番無防備な状態。一刻も早く化粧水をつけて下さい。化粧水はたっぷりとコットンやガーゼでのせるのがおすすめ。もったいないというご意見がありますが、手では水が指の隙間などに流れてしまいますし、ゆっくり確実につけるにはコットンで水分をキープしておいた方がベターです。頬やおでこなどの広い部分は下から上へ、鼻・口周りは中心から外側に向かってなじませます。目の下だけは、こめかみを軽く押さえて目尻から目頭になじませます。
 ハーバルイオン スペシャライズ リペアトリートメントは肌への浸透力と角質の再結に着目した、即効性のあるローションです。
皮脂やテカリも気になり始めるこの季節。油分の多いスキンケアは控えめにして、ローションパックなどをプラスします。乳液やクリームは最後に少量をうすく伸ばす程度で完了。さっぱりとした水分を十分に与えることで、翌朝の肌が見違えるのです。